ぴすけの

30歳、地方サラリーマン、年収400万、不動産投資を始める、節約、投資、将棋。ゆるーい節約夫。家計の見直しで、夫婦で月20,000円以上の支出を削減。

楽天でんきのシミュレーション結果を鵜呑みにすると高い勉強代を払わせられる|燃料費調整額と再エネ発電促進付加金について

ぴすけです。

 

日々節約に努めていますが、今年の2月から電気を楽天でんきに変更しました。

楽天でんきに変える - ぴすけの

綿密にシミュレーションをして、年間5000円くらいは節約できると確信し、

申し込みました。

 

結論から言いますと、私は少し損をしています。

これまで:1kwhあたり26円

楽天でんき:1kwhあたり29円

の計算になっています。

もちろん、世帯の状況や使用量によって変わってくるものです。楽天でんきに変えて電気量が安くなったという口コミもたくさんありますので、以下の内容を読んで、計算をした上で切り替えを行うと良いと思います。

 

高い勉強代を払わされないためにやること・・・

それは、シミュレーション結果の見方です。

この記事はシミュレーションで損をしないために注意することを書いたものです。

 

 

楽天でんきのシミュレーション の表示は?

楽天でんきのサイトからシミュレーションをするとこんな感じです。

f:id:pityuke3:20190520205044p:plain

 

私はこのシミュレーションを使いながら電気代を計算していました。

 

このシミュレーション結果は、正しいですが、正しくありません。

米印がチョー重要です。

※シミュレーション結果には燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含んでいません。

と書いてあります。

 

燃料費調整額とは?

「燃料費調整制度」に準じて算出された料金のことを指します。
「燃料費調整制度」とは、火力燃料(原油・LNG〔液化天然ガス〕・石炭)の価格変動を電気料金に迅速に反映させるため、その変動に応じて、毎月自動的に電気料金を調整する制度のことを指します。

楽天でんきより)

再エネ発電促進付加金とは?

再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に準じて算出された料金のことを指します。
再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度のことを指します。

楽天でんきより)

・・・とにかく、シミュレーションには含まれていないが、請求される項目があるってことです。シミュレーションを鵜呑みにすると、その金額分を損してしまう可能性が高いです。 

 

 

損する可能性があるその金額は?

私が請求された金額を参考に示しますと、

・燃料費調整額:0.46円/1kwh

・再エネ発電促進付加金:2.90円/1kwh

この月は287kwh使用したので、

・燃料費調整額:132円

・再エネ発電促進付加金:832円

が電気の使用量に上乗せされて請求されます。

 

確かにシミュレーションに米印で書いてあるけど!!!!

 

完全に見落としていました・・・

と言うよりも、ちょっと不親切ですよね?

 

結論

シミュレーションをした上で、

燃料費調整額再エネ発電促進付加金を使用量に応じて計算しましょう!

私の場合は夏になると楽天でんきの方が有利になりそうなので、もう少し継続してみます。