ぴすけの

30歳、地方サラリーマン、年収400万、不動産投資を始める、節約、投資、将棋。ゆるーい節約夫。家計の見直しで、夫婦で月20,000円以上の支出を削減。

「できるかも」と思うことのメリット(体験談)

あれっ?もしかしたらできるかも?って思えて、転職に成功したぴすけです。

 

人は誰しも、自分の能力を誤って判断しがちです。

特に、本当はできるのに、できないと思ってしまうのはもったいないです。

そういうことは自分では気づきずらいのですが、過去を振り返ってみると、一回くらいは、思っていたよりも自分できるじゃん!ってなったことがあると思います。

 

f:id:pityuke3:20190319212035p:plain

 

転職の時(経験談

学生の時に、入ってみたい職場がありました。けれども、巷では入るのは容易ではないと言われており、私なんかが入るのは無理だなと勝手に諦めていました。けれども、同じゼミのちょっと頭が悪そうだなって思っていた先輩が、そこの内定を獲得しました。その先輩には申し訳ないですが、

「あの人が内定取れるんだったら、俺でもやれるんじゃないか」

って思いました。それまでは、無理だと思っていたにも関わらず。

結局、寄り道をしたりしながらも、最終的にはその職場に入ることができました。

 

もしかしたらやれるんじゃないかっていう気持ちだけ

学生の時に、自分でもやれるかも!って思わなければ、自ら可能性を潰していたことになります。能力の有る無しを勝手に自分で判断してしまいがちですが、正しく判断することは困難であると認識すべきです。少しでも興味があるのなら、やってみたいのなら、挑戦をしてみるべきです。それで結果、上手くやれなかったり、失敗続きだったりした時に、自分には向いていなかったのかなと、考え始めるわけで、行動していない段階で、自分を値踏みする必要は全くありません。

 

できるかもって思えた時のエネルギー

一度そうできるかもって思えたら、不思議なもので、もうできるとしか思えなくなります。そもそも、できるかもっていうのは、自分のなりたい理想に向かうわけですから、ワクワクしますし、そうなれた時の自分を想像して楽しくなります。教えられなくても、到達したいゴールに向けて、具体的に方法を考えるようになります。自分への期待値って大事ですね。

 

となると・・・・・

会社にしがみつかずに生活・・・もしかしたらできるかも?

ちょっと前までは、無理だろうなと私は思っていました。

けれども、それもまた自分で可能性を潰しているかもしれません。

不動産投資を勉強してみたり、ブログを毎日書いてみたり、色々と手を出してみることにしました。やっているうちに、自分に向いているのかどうか、できそうなのかどうかが見えてくると思います。