ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

ソッコーでお金持ちになるのは難しい・・・・・?

ぴすけです。

 

誰もが、自分は特別な存在だ、と思っていた時期があったと思います。

そして、自分は平凡だ、と思う瞬間も同時にあります。

 

そして、自分は平凡だから、こんなもんかなと、今の生活で自分を満足させようとしてしまいます。それ自体は悪いことではないですが、

もし、もっと自由にやれることが増えたら?

お金の制約がなくなったら?

 

そんなことをつい考えてしまいます。

 

そして、FXだの株などに自分の一か八かでかけて散ってしまうのです。

 

だから、結局はお金持ちになって自由を謳歌するなんて無理な話なんだと落ち着いてしまいます。

 

そして、米国株投資に目覚めるわけです。

高配当でディフェンシブな銘柄に長期投資をすれば、大勝ちはしなくても、時間をかけて負けない投資ができる・・・と。

 

だから、将来のために種銭を稼いでは投資を繰り返して雪だるま式に資産を増やしましょうって。

 

って思っていたけれども、20年後に儲かっていても50才になっている。

それに、大きな金額を運用していないと、儲けもわずかです。

運用額が100万の場合、年4%のパフォーマンスだと20年後に200万ちょっと担っています。

年3〜4%って優秀なのに、200万って、望んでた結果とちょっと違う。

1,000万くらいの運用ができればいいのでしょうが、その種銭作るのに時間かかるし、結局、収入が多くない人が投資をしようとしても、不利な状態でスタートしなければなりません。

となると、投資オンリーでお金持ちになるのは、時間がかかりすぎます。

 

となると、地道に働いて、時間をかけてわずかに資産を増やす人生を過ごすしかないかと思ってしまいます。

まぁ、今の暮らしも大きく不満があるわけではないし、多少の楽しみにお金を使うくらいの余裕はあるし・・・・・・

 

いや、俺は嫌だ。

少なくても、ソッコーでお金持ちになるチャレンジをしてみたい。そうしないと、わずかな資産を形成するために、日々嫌なことも我慢しながら働かなければならない。仕事で嫌なことはあるもんだけれども、将来の僅かな儲けのために働くのは嫌だ。

 

だから、不動産投資をする。

そしたら、みんなにこう言われると思う。

 

空き家が増えているのに

人口減っているのに

リスクが大きい

失敗している人たくさんいる

 

なるほど。

じゃあ上手くやれれば、自分の資産形成をしつつ、社会の課題解決に貢献できるかもしれない。

なんか、楽しそう。まだ、手をつけてないし苦労も知らないからかもしれないけれども、楽しそう。

失敗したとしても、チャレンジしないことには、平凡な日々が待っているだけだしな。

もちろん、人生終わってしまうほどの無茶はしないけれども、ソッコーでお金持ちになるのは無理だと諦めて、細々と資産形成するのはごめんだ。