ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

『10万から始める高配当投資術』を読んでP&Gを試しに分析してみる

ぴすけです。

 

『10万から始める高配当投資術』

 

投資を勉強中の私が、これを踏まえて、P&Gを分析してみました。(自分が理解できたところだけ)

 

・売上高

2014年6月期 830億

2015年6月期 762億

2016年6月期 652億

2017年6月期 650億

2018年6月期 668億

 

・当期利益

2014年6月期 116億

2015年6月期   70億

2016年6月期 105億

2017年6月期 153億

2018年6月期   97億

 

・利益剰余金

資料を見つけられず

 

・有利子負債

2014年6月期 240億

2015年6月期 210億

2016年6月期 216億

2017年6月期 196億

2018年6月期 225億

 

・EPS

2014年6月期 4.19

2015年6月期 2.50

2016年6月期 3.80

2017年6月期 5.80

2018年6月期 3.75

 

・PER・・・23.95%(11/5時点)

 

 

 

配当王ということだけで、P&Gを買いましたが、この本に則って分析をすると買っても大丈夫だったんではないかと思えます。

売上高は減少傾向にありましたが、一旦下げ止まっています。

当期利益は多少の波はあるようですが、マイナスにはなっていないですし、極端にバラツキがあるわけでもなさそうです。

負債は利益剰余金がわからなかったので、その数字がいいのか悪いのかよくわかりません。

PERは本にある15倍は超えているので少し高めかもしれないですが、べらぼうに高いわけではなさそうです。そもそも私が買ったのは81.9ドルで現在は89.8なので当時はPERももう少し低かったはずです。

EPSは一株あたりの利益ということを今回やっと覚えましたが、EPSが配当金額を超えていないとマズイらしいです。その点、2015年はちょっと怪しいですが、他の年は配当金額を上回っているので問題ないです。

 

素人が細々と数字を見たところで、市場は既にその情報を織り込ん出るので、細かく分析をしてもあんまり意味はないんだろうなと思います。ただ、流れが良いか悪いかくらいはなんとなくでも把握できると、流れが悪いものを摑まされないように手立てを打つことができます。とにかく、負けない投資を目指します。

(まだP&G2株しか投資していないですが。。。。)

ちなみに、この流れでコカコーラも検討しましたが、昨年に売上高がマイナスになってるのでイマイチかもしれません。少し時間を置いてみようかなと思います。