ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

人は変われない 人の言うことを聞かない人たち

ぴすけです。

 

 

人って変わらない

 

って残念ながら思う場面が日常であります。(自分も人のことは言えませんが)

 

⚫️仕事に就いては、環境が悪い、人が悪いと言って転職を繰り返す人。

何回仕事を変えても、必ずやめます。

でも、その人はその人なりに苦しんだり考えたりしている様ですが、やっぱり同じ様なことで揉めてやめます。

職種を変えたら?時間帯を変えてみたら?面接の時に要望をちゃんと伝えたら?なんて言ったところで、「わかった」とその場では答えますが、実際に行動が伴いません。そして、また就職⇨退職を繰り返します。

まぁ、私の人生ではないので、本人が変わる気がないのであれば、今後も就職・退職をくりかえそうが、好きにすればと思いますが、人って変わらないなぁって思ってしまいます。

 

⚫️お金を管理できない人

もはや障害の一種かもしれませんね。給料日とか年金支給日の前に、金がないって言う人。この金がないっていうのは、金がないから飲み会はパスするというレベルではなくて、食べるものがなくて困ったり、水光熱費が払えないというレベルのことです。パチンコに行く頻度を下げる様に言っても、酒を控える様に言っても、タバコの本数を減らす様に言っても、1日に1,000円程度の食費を目安にお金を使いないさいと言っても、一向に改善しません。本人なりに苦しんでいるはずですが、一向に学ばないですね。

 

例が極端だったかもしれませんが、遅刻気味の人は何回言ってもギリギリにきたり、塩分控えめができなかったり、ついつい飲みすぎたり、いつまでたっても体重がへらなかったり。

 

多分、本当に心の底から変わりたいと思っていないから、変化を生み出せないのでしょう。

私も類にもれず、変わりたいと思いつつ、いつの間にか毎日缶コーヒーに手を伸ばしてしまったり、あと5分早く家を出ればいいのに、いつも時間ギリギリに出勤したりしてしまって、変われてないって思う瞬間があります。

 

そんな私は、3年前に転職をしました。

人って変わるんだ

って思いました。

 

筆記試験のために、早く起きて勉強して、勉強時間を確保するために、仕事を早めに切り上げるように工夫して、余計な飲み会には行かず、過去の試験の内容を分析して・・・しかも、1回じゃ受からなかったので、数回受けることになりました。

今思うと、あの熱量は自分のことですが、すごいと思います。普通は諦めてしまうと思いますが、絶対にそこで働く!って思って動いていました。

そのモチベーションは、1回目に採用にならなかった時に、自分の能力がそれまでだったと認めたくないという悔しさが1つ。もう一つは、一旦就職した先で何十年も働くなんて考えただけでゾッとしたことが変わりたいという思いを強めました。最初の職場は、残業が多いのに残業代がほとんどでず、休日出勤もあったりしたので、絶対に現状を変えてやると思いました。

 

そんな思いから行動しているうちに晴れて、転職を果たすことができました。

そして、こんな私でも、ついに転職を果たせたなと、これは自分の中で変化が起きたなと実感できました。

 

何が言いたいかというと、変われない人もいるし変われる人もいるってこと。

でも、変わるってものすごい熱量が必要ってこと。