ぴすけの

30歳、地方サラリーマン、年収400万、不動産投資を始める、節約、投資、将棋。ゆるーい節約夫。家計の見直しで、夫婦で月20,000円以上の支出を削減。

安い保険料に変更して固定費を節約【ネットの車の保険】

ぴすけです。

 

家計の見直し[ネットの車の保険編]です。

 

ネットの車の保険はいいと聞くけれども、

本当に安いのだろうか・・・・

手続きが面倒なんじゃないか・・・・

そういった不安を解消します。

後半は、車の保険とセットで見直すべき固定費について記載しています。

 

本当に安いの?事故対応は大丈夫?

ネットの保険が安い理由

結論から言いますと、「代理店」を通さないからです。

その分、代理店の手数料や人件費分を安くすることができます。

実際、私も保証内容がほぼ同じにも関わらず、

三井住友海上ソニー損保へ変更したことで、保険料が

3,100円/月⇨2,010円/月になりました。

月1,000円の節約は以外にも大きいですよ。

 

ネットの保険は事故対応が不安・・・

事故にあったことがないので、体験談を語ることはできませんが、

ネットに溢れんばかりの口コミがあります。口コミを参考にして見ると良さそうです。

ちなみに、事故の対応をするのは保険会社なので、代理店を通している、通していないは全く関係ないことなので、ネットの保険だから悪いなんてことは全くありません。

 

ネットで契約をしよう!手順を確認

まずは現在の契約内容を確認

現在契約している内容を確認しなければなりません。

それは、この後に行う見積もり(シミュレーション)を正確に行うためです。

例えば、等級は引き継げる保険屋がほとんどですので、見積もり時に等級を把握する必要があります。また、保証内容を見積もり時に追加したり省いたりしますが、現在の保証内容が不明ですと、余計なオプションを付けてしまったり、シミュレーション上の金額だけ安くしようと頑張って、結果、薄い保証内容になってしまうこともあります。

繰り返しですが、正確な見積もりをしなければ、お得かどうか、保証が十分かどうか判断をすることができません。なので、契約書を手元に置いておくと良いでしょう。

各保険のサイトで見積もりを行う(シミュレーション)

各保険会社のサイトでシミュレーションができます。

私は、ソニー損保で契約しましたが、3分もあれば簡単にできます。

ちなみに、ソニー損保にしたのは、単純にネット広告でよく見かけるからというものでしたが、あとでよくよく調べてみると、チューリッヒもよかったかなと思いますが。。。

ランキングを調べると、

 ・ソニー損保

チューリッヒ

・セゾン

この辺がおすすめで上位に上がっているようです。

 

金額と保証内容を比較して申し込む

シミュレーション結果を受けて、比較して契約します。

ネットの申込は簡単でした。これまでは、保険屋さんと電話でやりとりして、書類を送ってもらって、書類を書いて送り返して・・・なんて手間でしたが、ネットは夜中でもいつでも申し込みができますし、確認の電話とかもないのでラクです。

 

ちなみに、

車の保険をネットに変更するきっかけとして多いのは、「節約」だと思います。車の保険は固定費なので、ここをうまく節約できると、ストレスなく節約ができて良いですよね。車の保険以外にも、簡単に見直せる固定費があります。以下の2つも見直していますか?

 

セットで見直すべき2つの固定費

携帯料金

格安SIMに変えるだけで、月5,000円は浮きます!

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え - ぴすけの

 

電気料金

まだまだ検証中ですが、見直してみては?

ただし、シミュレーションが不親切なので、そこだけ要注意!

楽天でんきに変える - ぴすけの

楽天でんきのシミュレーション結果を鵜呑みにすると高い勉強代を払わせられる|燃料費調整額と再エネ発電促進付加金について - ぴすけの

  

節約志向が高まると、外食の時に、無駄なトッピングを止めたり、ちょっと疲れたなと思って買っていた缶コーヒーも止めたりするようになりました。なんやかんやで月10,000円は出費を見直すことができています。収入を増やすのはすぐにどうこうできるものではないですが、支出を減らすのは、誰でも出来ます。少し手間をかけるだけで、月 10,000円、年で120,000円になりますからね。