ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

30歳になって思った1つのこと

ピスケです。

 

なんでブログを始めたのか忘れていましたが、思えば、年齢を意識し始めたからでした。

30歳って、人生のことを考える時期になると思います。

私は人生のことを考えました。

 

そして、このままでいいのかな?と思いました。

 

20代後半の時から思い始めていましたが、可能性が少しずつ減っている気がしてならないのです。それが騙し騙し20代は過ごせても、30歳という数字が現実さを強調してくる感じがします。

もちろん、年齢が全てではないですが、30歳になったばかりの時はどうしても、年齢が頭に残ってしまいます。

何もなし得ることができないのではないか、

このまま朝起きて仕事行って帰るの繰り返しなのか、

できる奴は20代の頃からすでに頭角を表すのに自分は全くそんな気配がない、

などなど

世界を変えたいとかそこまでは思わないけれども、いまよりはもっと何かできるんじゃないかなと思います。でも、現実、できていない。

もっと何かできるんじゃないかと思いたいだけなのかもしれませんが。

そして、厄介なことに、何かできるんじゃないかの「何か」がはっきりしないんです。

これまで何も考えなくても、進学して就職して最初の部署はとにかくがむしゃらに仕事して、ってやれましたが、少なくてもあと30年は変化を自身で生み出さない限り、ここ数年と同じような仕事で大半がうまる人生が待っています。仕事で埋まっても悪いわけではないですが、望んでいない仕事で埋まることは勘弁願いたいです。けれども、そうなる可能性が今の所高いです。人事を自身でコントロールするほどの力もないので。

 

なので、何かを変えなければと思いブログを始めたんでした。

向かう先がはっきりしないけれども、停滞して頭で考えても仕方がないと。

興味があるところからまずは手を出してみようと、そしてその過程を書き続けようと。

 

思えば、多少はブログに書くという使命感が働いたのか、米国株投資と携帯を格安simに変更することはできたなぁ。これらもやりたいと思って1年くらい経っていましたが、おそらくブログをやっていなかったら、今も調べるだけ調べて結局行動していなかったかもしれません。そういう意味では、ブログを始めたことで僅かながら人生に影響を与えられているのかもしれません。

 

将棋の棋力とブログのpv数は一向に改善されないですが、まだ継続して取り組みなさいということなんでしょうか。毎日更新もしていなければ、日記みたいな記事を書いているようではpv数も伸びないのでしょうが、pv0の日が続くとすぐに能力がないとか思いたくなってしまいます。努力が足りないだけなのに。

そして、それをわかっていても結局更新頻度も上げられず、わかっていてできないのはやはり能力が足りないと思ってしまいます。

 

でも、もう少し続けてみようと思っています。

サッカーの本田選手がいつだかのテレビで、地味な練習の積み重ねが大事、と言っていました。満員のスタジアムでプレーしていて華やかに見えますが、練習は走り込みをしたり、筋トレをしたり、トレーニング自体は地味とのことです。

いつもこのテレビの場面を思い出しては、地道に取り組んで行くしかないなと、ブログも将棋も投資も仕事もですが、全てにおいて積み重ねが大事だというところに考えがたどり着きます。

何も考えずに積み重ねても何も積み上がらないので、ちゃんと頭で自分の頭で考えながら。