ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

初段へ 自己分析 四間飛車に弱いことが判明

初段に向けて頑張ろうと思ってから4日・・・ピスケです。

 

初段に向けて、どのようなアプローチをするか考えてみました。

目標は初段になることなので、将棋自体の棋力を上げるというよりも、最速で初段になるために、まずは将棋ウォーズの特徴を調べて見ました。

どこまで正確であるか不明ですが、ネット情報によると用いられる戦法で多い順に、

四間飛車、早石田、三間飛車・・・となっています。

振り飛車が人気なんですね。

早石田は確かに受けかたがよくわからず、アタフタしているうちに崩されます。

とりあえず、上位3つの対策から始めてみようと思います。

 

次に、自分がどんな相手だと勝ちやすいのか、負けやすいのかを確認してみます。

 

勝ち・・・10

四間飛車・・・1

居飛車・・・7

中飛車・・・1

四間飛車・・・1

 

負け・・・20

四間飛車・・・5

三間飛車・・・3

早石田・・・1

居飛車・・・1

居飛車の内訳・・・9

角が引くやつ2、5三銀から銀1、居飛車から別な形に1、棒銀1、その他居飛車

 その他・・・1

 

直近30対局は負け越しが半端ないです・・・・

そして、戦法の上位にある四間飛車三間飛車は負けまくってます。何となくそんな気がしてましたが、数字ではっきりと現れるとびっくりします。ここまで勝ててなかったんだって。それと、たまたまなのか、居飛車が多かったです。居飛車の対決はイーブンですが、角が3一に引かれると毎回負けてる気がします。

 

となると、やはり四間飛車三間飛車の対策からしなければなりませんね。


最後に、時間切れでも勝つ気持ちが必要です。劣勢でも攻撃を受けきる気持ちの強さも身につけたいです。時間で勝ってもなぁと思いますが、初段になるためには必要な方ですからね!


やることがはっきりとしたので、あとは勉強あるのみです。