ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

将棋はただ指しているだけでは強くならない。

最初は楽しんで将棋を指していたが、だんだん棋力が伸び悩むことがある。

毎日毎日、ただただ指していても将棋は強くならない。

自分は将棋ウォーズで未だに2級であるが、最近は達成率を90パーセント前後している。以下のことを実践したところ、2級で達成率20パーセント前後を2年間行ったり来たりしていたところから、少し抜け出せた。

 

 

 

 

1 四間飛車のみで勝負する

  本屋に行ったところ、たくさん四間飛車の本があったから、とりあえずその戦法にした。いろいろな戦法があるが、一つに絞ることで、その戦法を深く知ることができる。ちなみに、達成率20%前後の時は、中飛車だったり、棒銀だったり、居飛車振り飛車かも定まっていなかった。定跡もさほど覚えずにただただ繰り返し将棋をやる日々であった。

 四間飛車に決めてからは、本屋に行っても見るべき本は限定されるし、四間飛車破りの本で対策を考えることもできる。選択肢が減ると人間は集中できるらしい。

 

 

2 ユーチューブで四間飛車の動画を見る

  本で勉強しているような雰囲気で書いているが、将棋の勉強を本でするのは辛い。「5六歩」とか書かれていても、盤面のどの位置か瞬時に把握することができないので、読み込むのに大層な時間がかかる。実際、読むのが億劫になる。

  そんな状況を打開するのがユーチューブである。実際に駒を動かして解説をしてくれるし、注意点などを説明してくれるから、本よりわかりやすい。

 

単純かもしれないが、2つのことをやり始めただけで、1ヶ月もかからずに達成率が伸びた。

ただし、また伸び悩んでいるから、次の手を考えなければいけないが・・・・