ぴすけの

30歳になって何かしたくなり、ブログ、投資、将棋、節約・・・とまずはやってみよう精神でやってみてます。

スタバのコーヒーとドーナッツもいいけれども、ファミマのコーヒーとドーナッツもいい

 価値は値段ではなくて、嬉しさの度合いですよねって話です。

 

その前に

稼ぎが大きくなる、収入が増えることってなんとなくあまり歓迎されていない?と考え過ぎかもしれませんが、そう思ってしまうときがあります。

というのは、

収入が増えてもそれに伴い支出が増えると結局お金は貯まらないとか

高収入の人はその分労働時間も長いからから結局幸せではないとか

高収入の人は生活のレベルを上げ過ぎて、老後に破産するとか

逆にミニマムな生活でも幸せを感じることはできるとか

そういうことを巷で耳にします。

 

そうすると、

収入が増えても結局交際費とかが高額になって使えるお金は自分らとあんまり変わんないじゃん!

多少は収入に不満があっても、そこまで時間に追われているわけではないから寧ろ幸せか!

ミニマムでも、必要なことにはお金を掛ければそれで十分生活できるじゃん!

って思うことがあります。

 

・・・本当に?

 

やっぱりお金があればそれに越したことはないと思います。

・お金がある人

美味しいものを食べる機会が多くもてる

旅行をする機会を多くもてる

セミナーや研修などの自己研鑽に多くお金を費やせる

人に使う機会が多くもてる

 

・お金が少ない人

美味しいものは食べられるかもしれないけれども限定的

旅行ができるかもしれないが、それよりは貯めたほうが良いかどうか迷う

自己研鑽のためのセミナーや研修、あるいは本を購入するかどうか迷う

人に使うときに思い切りと決断が必要になってしまう

 

 

お金による迷いが生じて、行動に制限がかかってしまうのが現実です。

まぁ、いくら持っていてもそれぞれの層で一定の制限はあると思われますが。

それでも、制限が少ないに越したことはないです。

制限を減らすためには2つの方法があります。

1つ目は収入を増やす。2つ目はミニマムな生活でも満足を得られる習慣づくりです。

収入を増やすことはすぐにどうにかできないですが、ミニマムな生活はできます。

例えば、スタバでコーヒーを片手にドーナッツを食べるのが私のささやかな幸せですが、550円かかります。これが、ファミマで100円のドーナッツと100円のコーヒーで200円で代替する時があります。

高いほうが美味しかったり高級感があったりするのかもしれませんが、ファミマの方も十分美味しいので、幸福度はあまり変わりません。

価値は値段が全てではなく、嬉しさをどのくらい感じられるかが重要です。

ケータイをドコモで契約していると月7,500円かかっていましたが、楽天モバイルに乗り換えたところ、2,600円でほとんど同じように使えています。

嬉しさの度合いは変わらないのに安く済むことってあるはずです。

5,000円、10,000円、15,000円って3つディナーのコースが用意されていると、なんとなく真ん中がいいのかなって思ってしまいがちですが、5,000円だってかなりいいお食事です。値段で価値判断をすることが多すぎて、嬉しさの度合いを忘れがちです。

別に安ければいいと思っているわけではなくて、嬉しいのであれば15,000円を選んだって良いと思っています。

 

収入をすぐに増やせない現状で、安くても代替できるものがたくさんあります。それでも嬉しさは変わらなければ、支出は抑えられますし、逆に余剰分で嬉しさをさらに高めるための支出をする選択も生まれます。

 

なんでこんな事を書くかって、家計を見直す過程で、嬉しさが変わらなくても安く済む方法を見つけて、そのおかげで僅かながらに生まれた余剰分が気持ちに余裕をもたらしたからです。お金で我慢が多い時は、ストレスがかかっていたんだなって思います。

だから、価値判断を間違えないようにしつつ、収入を増やすことができれば、もっと余裕とか選択の幅が広がる嬉しさを感じることができるんだろうなって。

 

将棋で符合が読めないことには強くなれない

四間飛車使いのピスケです。

 

前回の記事で四間飛車三間飛車にボコボコにやられていることがわかったので、対策をしようと思いましたが・・・・今だに符号を読むのに大変時間がかかってしまいます。

そんなだから、本で勉強するとしても詰将棋に取り組むくらいで、あとはyoutubeで解説付きの動画を見てました。

もちろん、動画でもいいのですが、動画でも符号で解説していることが多々あるんで、いつかはちゃんと読めるようにしなければと思っていました。

 

ネットで調べて見ました

「将棋 符号 覚え方」

棋譜を並べる

詰将棋レベルから覚えるように取り組む

・自然に覚えた

・符号を言いながら感想戦をする

 

・・・わかったことは

人それぞれってこと。

そして、あれこれやり方を調べるのもいいですが、9×9の81マスなので、九九のごとく気合いで覚えることにしました。

結局は覚える気がどのくらいあるかってところですね。

 

とは言っても少しは工夫したいと思います。

 

まずは、必ず指す初手から覚えましょう。四間飛車で私は最初に角道をあけるので、

7六歩が初手です。 

あと、6八飛車も覚えられそうです。飛車を振るので。

ちなみに相手の角道をあける一手は3四歩です。

 

初手の他に覚えやすいところがあります。

1一は一番右上 、5五はど真ん中、9九は一番左下です。

そうすると、2二、3三、4四、6六、7七、8八の場所もわかりそうですね。

ゾロ目は右上から左下に向かって斜めに位置しています。

 

そういえば、○六の後に続くのは序盤では歩が多いです。○七に並んでいる歩が必ず通る道なので。同じことが後手では○四ですね。

 

王将は○八か○九で動くことが多いですね。

 

ちなみに、これらは先手の場合で、後手の場合も覚えなければなりません。

でも後手分も合わせて162マス分覚える必要はありません。

なぜなら、後手は先手の符号を10から引くことで後手の符号になるからです。

つまり、

7六歩⇨3四歩

6八歩⇨4二歩

のような感じです。なので先手の符号さえ覚えておけば後手はすぐに判断できます。

 

こんな具合でいつも指す手の符合から覚えていけば、81マスまですぐにたどり着きます。

 

強くなるために、動画なり本なりで解説を理解しなければなりませんが、符合がわかれば、理解のスピードが格段に上がって効率も良くなります。

 

 ここ一ヶ月ほどはまた、娯楽のためだけにダラダラと将棋を指していましたが、気合いを入れ直して棋力アップしたいと思います。

 

 

30歳になって思った1つのこと

ピスケです。

 

なんでブログを始めたのか忘れていましたが、思えば、年齢を意識し始めたからでした。

30歳って、人生のことを考える時期になると思います。

私は人生のことを考えました。

 

そして、このままでいいのかな?と思いました。

 

20代後半の時から思い始めていましたが、可能性が少しずつ減っている気がしてならないのです。それが騙し騙し20代は過ごせても、30歳という数字が現実さを強調してくる感じがします。

もちろん、年齢が全てではないですが、30歳になったばかりの時はどうしても、年齢が頭に残ってしまいます。

何もなし得ることができないのではないか、

このまま朝起きて仕事行って帰るの繰り返しなのか、

できる奴は20代の頃からすでに頭角を表すのに自分は全くそんな気配がない、

などなど

世界を変えたいとかそこまでは思わないけれども、いまよりはもっと何かできるんじゃないかなと思います。でも、現実、できていない。

もっと何かできるんじゃないかと思いたいだけなのかもしれませんが。

そして、厄介なことに、何かできるんじゃないかの「何か」がはっきりしないんです。

これまで何も考えなくても、進学して就職して最初の部署はとにかくがむしゃらに仕事して、ってやれましたが、少なくてもあと30年は変化を自身で生み出さない限り、ここ数年と同じような仕事で大半がうまる人生が待っています。仕事で埋まっても悪いわけではないですが、望んでいない仕事で埋まることは勘弁願いたいです。けれども、そうなる可能性が今の所高いです。人事を自身でコントロールするほどの力もないので。

 

なので、何かを変えなければと思いブログを始めたんでした。

向かう先がはっきりしないけれども、停滞して頭で考えても仕方がないと。

興味があるところからまずは手を出してみようと、そしてその過程を書き続けようと。

 

思えば、多少はブログに書くという使命感が働いたのか、米国株投資と携帯を格安simに変更することはできたなぁ。これらもやりたいと思って1年くらい経っていましたが、おそらくブログをやっていなかったら、今も調べるだけ調べて結局行動していなかったかもしれません。そういう意味では、ブログを始めたことで僅かながら人生に影響を与えられているのかもしれません。

 

将棋の棋力とブログのpv数は一向に改善されないですが、まだ継続して取り組みなさいということなんでしょうか。毎日更新もしていなければ、日記みたいな記事を書いているようではpv数も伸びないのでしょうが、pv0の日が続くとすぐに能力がないとか思いたくなってしまいます。努力が足りないだけなのに。

そして、それをわかっていても結局更新頻度も上げられず、わかっていてできないのはやはり能力が足りないと思ってしまいます。

 

でも、もう少し続けてみようと思っています。

サッカーの本田選手がいつだかのテレビで、地味な練習の積み重ねが大事、と言っていました。満員のスタジアムでプレーしていて華やかに見えますが、練習は走り込みをしたり、筋トレをしたり、トレーニング自体は地味とのことです。

いつもこのテレビの場面を思い出しては、地道に取り組んで行くしかないなと、ブログも将棋も投資も仕事もですが、全てにおいて積み重ねが大事だというところに考えがたどり着きます。

何も考えずに積み重ねても何も積み上がらないので、ちゃんと頭で自分の頭で考えながら。

 

 

 

初段へ 自己分析 四間飛車に弱いことが判明

初段に向けて頑張ろうと思ってから4日・・・ピスケです。

 

初段に向けて、どのようなアプローチをするか考えてみました。

目標は初段になることなので、将棋自体の棋力を上げるというよりも、最速で初段になるために、まずは将棋ウォーズの特徴を調べて見ました。

どこまで正確であるか不明ですが、ネット情報によると用いられる戦法で多い順に、

四間飛車、早石田、三間飛車・・・となっています。

振り飛車が人気なんですね。

早石田は確かに受けかたがよくわからず、アタフタしているうちに崩されます。

とりあえず、上位3つの対策から始めてみようと思います。

 

次に、自分がどんな相手だと勝ちやすいのか、負けやすいのかを確認してみます。

 

勝ち・・・10

四間飛車・・・1

居飛車・・・7

中飛車・・・1

四間飛車・・・1

 

負け・・・20

四間飛車・・・5

三間飛車・・・3

早石田・・・1

居飛車・・・1

居飛車の内訳・・・9

角が引くやつ2、5三銀から銀1、居飛車から別な形に1、棒銀1、その他居飛車

 その他・・・1

 

直近30対局は負け越しが半端ないです・・・・

そして、戦法の上位にある四間飛車三間飛車は負けまくってます。何となくそんな気がしてましたが、数字ではっきりと現れるとびっくりします。ここまで勝ててなかったんだって。それと、たまたまなのか、居飛車が多かったです。居飛車の対決はイーブンですが、角が3一に引かれると毎回負けてる気がします。

 

となると、やはり四間飛車三間飛車の対策からしなければなりませんね。


最後に、時間切れでも勝つ気持ちが必要です。劣勢でも攻撃を受けきる気持ちの強さも身につけたいです。時間で勝ってもなぁと思いますが、初段になるためには必要な方ですからね!


やることがはっきりとしたので、あとは勉強あるのみです。